宮城県建設業協会

安全・安心・希望 安全・安心で快適な暮らしを支える地域建設業

お知らせ

 私ども、一般社団法人宮城県建設業協会は、昭和20(1945)年3月に日本建設工業統制組合宮城県支部として設置。昭和24(1949)年1月に宮城県建設業協会が改組・創立から、平成31(2019)年に70周年を迎えました。
 平成26(2014)年3月18日付(宮城県告示第197号)、災害対策基本法に基づく宮城県の「指定地方公共機関」に指定されております。
 これまでも、各機関との災害協定に基づき、未曾有の「3.11東日本大震災」や頻発する自然災害、さらには令和3(2021)年12月に立て続けに県内養豚場で発生した豚熱等の「家畜伝染病の防疫措置」など、地域と共に歩む地域建設業として、また協会組織力をもって、迅速・的確な対応を実践して参りましたが、これからも、地域並びに住民の安全・安心で快適な暮らしを支える活動に取り組んで参ります。

新着情報

5月28日(火)は当協会定時総会のため、窓口による事務取扱を終日休止させていただきます。
宮城県内の公共工事動向(2024年3月)について【東日本建設業保証(株)宮城支店発行】
令和6年度1級第1次土木施工管理技術検定試験【受験準備講習会】(8日間講座)のご案内
「実施要領」及び「日程表」 お申込み
令和6年度2級土木施工管理技術検定試験【受験準備講習会】(4日間講座)のご案内
「実施要領」及び「日程表」 お申込み
「宮城の建設業界で働こう‼」ポータルサイトを開設
県内9支部で展開する献血協力実績において、宮城県庁にて感謝状を受贈
過去の新着情報(~前年度)

震災記録誌

復興・創生 その先の未来へ宮城県建設業協会の闘い
~記録をつなぐ~
(R5.3発刊)
【データサイズ:PDF 52.1MB】
 宮城県建設業協会では、東日本大震災の経験や教訓を全国や後世に伝えるとともに、地域建設業の果たした役割を正確に発信するため、「宮城県建設業協会の闘い/風化させてはいけない記憶がある」第1弾を平成24年12月に発刊して以降毎年、復興の現状と地域建設業の活動を広報し続けるため、これまで第10弾まで発刊して参りました。
 震災から12年、宮城県内のハード面の復興事業がほぼ完了したことから、この記録誌もその役割を終え、今回で一区切りとなる「記録をつなぐ」編において、被災地の今の復興の姿、震災前と震災後の比較や時系列を追った復興の現状等を掲載し、4,000部作成し、県内図書館、学校、関係自治体等に配布をしております。
宮城県建設業協会の闘い10 (2022.2 発刊)
宮城県建設業協会の闘い10
復興・創生 その先の未来へ
宮城県建設業協会の闘い9 (2021.2 発刊)
宮城県建設業協会の闘い9
未来のために、震災を忘れない
宮城県建設業協会の闘い8 (2020.2 発刊)
宮城県建設業協会の闘い8
復興を支え 地域を守る
宮城県建設業協会の闘い7 (2019.3 発刊)
宮城県建設業協会の闘い7
復興を見つめ 未来をつくる
震災記録誌バックナンバー

活動支援

感謝状贈呈式感謝状

 令和5年8月22日(火)宮城県庁において「厚生労働大臣表彰状・感謝状伝達式」が行われ、当協会が感謝状を受贈いたしました。当協会では献血離れが著しい状況の中で、CSR活動の一環として、平成19年11月29日に宮城県赤十字血液センターと全国で初めて「献血推進活動に関する覚書」を締結し、県内9支部で献血活動を展開して以来15年が経過、これまでの献血協力実績は会員延べ13,459名、4,367.4Lとなっております。引き続き、地域の安全安心で快適な暮らしを支える活動とともに、血液の安定供給のための献血活動に尽力して参る所存であります。

過去の活動支援履歴

宮城県建設業協会発行物③

天職発見!~やりがいいっぱい、建設業界~

「天職発見!~やりがいいっぱい、建設業界~」(2023.10発刊)
  建設分野でのDX(デジタルトランスフォーメーション)の取組も進み、建設業もスマートな働き方となりつつある現状について、このたび漫画本を発刊致しましたので、ご高覧ください。

発行物バックナンバー

広報(協会広報パンフレット)

宮城県建設業協会パンフレットR4 宮城県建設業協会パンフレットR4 令和4年度版 協会広報パンフレット
広報パンフレット バックナンバー
リクルートガイドブック バックナンバー

就職支援Portal

利用申込・各種ダウンロード

ASP工事情報システムの利用申込
宮城県建設業協同組合関係様式

マニフェスト・用紙販売

↑ PAGE TOP